安全性の高さ

ドッグフードは安全なものを与えたいというのが、飼い主の共通した考え方と言えるでしょう。色々なポイントがありますが、例えば無添加のドッグフードが重要で、人工の添加物が多く含まれていないものを選択するようにしていきましょう。添加物というのは、犬の健康に支障をきたす可能性があり、危険な成分を多く含んでいることがあります。

TOPIC|https://www.naturaldogfood.co.jp/
100%無添加のドックフードを販売している通販サイトです。

安全性を低くしてしまう成分として酸化防止剤などがありますが、これは保存料としても活用されています。ドッグフードを長期間腐らせなかったり、日持ちさせていくために活用されています。
酸化防止剤に多く含まれている成分として、発ガン性があります。これは人間が食べる野菜などでも禁止されていますので、認知されているケースが多いです。ドッグフードで見分けていく方法として、包装に内容が記載されていますが賞味期限が極端に長いと要注意です。

そして着色料や甘味料にも要注意となりますが、これらは見栄えや味わいを変えていくために多用されていることがあります。着色料だと缶詰などに多く入っていますが、生肉を極力色だけでも再現したいために入っていることが多いです。そして甘味料は味わいのバランスを保っていますが、多いと内蔵に負担をかけてしまうことがあります。