ペットフードの選び方

犬や猫を飼う時に必要なペットフードは、どうしても選り好みで決めてしまうことがあります。しかしペットによって変えていく必要があり、特に犬だと体質で変わっていきますので注意しなければなりません。人間のエゴによってペットフードを容易に与えないように気をつけるようにしましょう。品質がよくても体型などに合わなければ、信頼することができるメーカーが提供しているペットフードを与えても、不健康になってしまうケースがあります。時には下痢もしくは嘔吐するケースもありますので、どうしても体調を崩すようであれば動物病院へ相談していくようにしましょう。

特にペットフードを選択する時には、試験が済んでいる総合栄養食を選択するようにしましょう。総合栄養食というのはペットフードの公正取引協議会によってペットが生活する上で、最低限必要な栄養素を取り入れていると認められているペットフードです。犬や猫など動物の種類で差が生まれることはありませんが、食事と新鮮な水で決して栄養不足になりません。

一般食であったり副食といった表示がパッケージに入っているペットフードだと、ビタミンであったりミネラルなどが入っていないことがあります。そのため他のペットフードなどで補わなければなりません。品質でなく栄養不足になるケースがありますので、パッケージをしっかりとチェックしておかなければなりません。上手く栄養管理を行うことができれば、ライフステージに合わせながらペットフードを与えていくことができるでしょう。