犬が喜ぶ味付け

ホームセンターなどで販売されているドッグフードですが、売られている多くのドッグフードをチェックしていくと色々な原料が入っていることが分かります。犬がドッグフードを食べた時に喜ぶのではないかと感じながら購入することもありますが、混ぜている成分がアレルギーを多く持っている犬にとっては苦痛に感じてしまうケースもあることでしょう。そうならないように喜ばれる味わいを持っているドッグフードを選択しなければなりません。

最もベストなのは犬に合わない食べ物を省きながら手作りでドッグフードを作ることですが、時間も掛かるため大変と感じることがあります。そんな中でドッグフードを与えていく時にベストなのは、極力味付けを加えないようにすることです。人間でも濃い味付けに対して慣れてしまうことがあり、物足りなさを感じないように味付けを行うことがあります。ただ犬の場合は味付けを行わなくてもベストと感じることがありますので、栄養素がバランスの良い状態のドッグフードを与えていくようにしましょう。

したがってドッグフードに対して味付けがなくても基本的には問題ありません。味付けを行うことによって、犬の健康が害してしまう可能性も秘めています。味付けの濃いドッグフードに犬が慣れてしまった時、健康も不安視してしまうことでしょう。

安全性の高さ

ドッグフードは安全なものを与えたいというのが、飼い主の共通した考え方と言えるでしょう。色々なポイントがありますが、例えば無添加のドッグフードが重要で、人工の添加物が多く含まれていないものを選択するようにしていきましょう。添加物というのは、犬の健康に支障をきたす可能性があり、危険な成分を多く含んでいることがあります。

TOPIC|https://www.naturaldogfood.co.jp/
100%無添加のドックフードを販売している通販サイトです。

安全性を低くしてしまう成分として酸化防止剤などがありますが、これは保存料としても活用されています。ドッグフードを長期間腐らせなかったり、日持ちさせていくために活用されています。
酸化防止剤に多く含まれている成分として、発ガン性があります。これは人間が食べる野菜などでも禁止されていますので、認知されているケースが多いです。ドッグフードで見分けていく方法として、包装に内容が記載されていますが賞味期限が極端に長いと要注意です。

そして着色料や甘味料にも要注意となりますが、これらは見栄えや味わいを変えていくために多用されていることがあります。着色料だと缶詰などに多く入っていますが、生肉を極力色だけでも再現したいために入っていることが多いです。そして甘味料は味わいのバランスを保っていますが、多いと内蔵に負担をかけてしまうことがあります。

栄養価の高さ

これから家族として犬を飼っていこうとする時、ペットフードを考えていかなければなりません。特にドッグフードでは単に与えていく際に価格のみで選択してはいけません。家族と同じように犬を健康な状態にしていきたいと思っているのであれば、栄養価が高くなっているドッグフードを選択するように心がけていくようにしましょう。

犬にとって重要な栄養素は色々とあります。
例えば水分やタンパク質は犬がもともと持っている野生において最低限必要な栄養素となっています。決して失ってはいけない栄養素となっていますので、ドッグフードにも必ず取り入れていかなければなりません。他にも脂肪や炭水化物、ビタミンそしてミネラルといったものが必要な栄養素となりますので、ドッグフードに入っているかをチェックしていきましょう。中でもタンパク質が重要ですので、含まれているドッグフードを選んでいく事が大切となります。

ただし市販で売られているドッグフード全てが、栄養価の高くなっているとは限りません。安いドッグフードだと価格を抑えていこうとする為にタンパク質をほとんど入れず、炭水化物をかさ増しするケースがあります。消化不良にならないように気をつけながら、バランスの良い食事を与えることが重要となります。

ペットフードの選び方

犬や猫を飼う時に必要なペットフードは、どうしても選り好みで決めてしまうことがあります。しかしペットによって変えていく必要があり、特に犬だと体質で変わっていきますので注意しなければなりません。人間のエゴによってペットフードを容易に与えないように気をつけるようにしましょう。品質がよくても体型などに合わなければ、信頼することができるメーカーが提供しているペットフードを与えても、不健康になってしまうケースがあります。時には下痢もしくは嘔吐するケースもありますので、どうしても体調を崩すようであれば動物病院へ相談していくようにしましょう。

特にペットフードを選択する時には、試験が済んでいる総合栄養食を選択するようにしましょう。総合栄養食というのはペットフードの公正取引協議会によってペットが生活する上で、最低限必要な栄養素を取り入れていると認められているペットフードです。犬や猫など動物の種類で差が生まれることはありませんが、食事と新鮮な水で決して栄養不足になりません。

一般食であったり副食といった表示がパッケージに入っているペットフードだと、ビタミンであったりミネラルなどが入っていないことがあります。そのため他のペットフードなどで補わなければなりません。品質でなく栄養不足になるケースがありますので、パッケージをしっかりとチェックしておかなければなりません。上手く栄養管理を行うことができれば、ライフステージに合わせながらペットフードを与えていくことができるでしょう。